肌を白くするならビタミンC?プラセンタ?ハイドロキノンの方がオススメの理由を解説

 

普通に販売されている美白化粧品の多くが、ビタミンCでの美白効果を謳ったものが多いです。その他にも、プラセンタやコウジ酸、エラグ酸、さらにトラネキサム酸などの美白にいい!と考えられている成分が配合されたアイテムも増えてきました。

 

でもそれらを選んでしまうと、思うように美白出来なくて期待してたのに残念・・・という結果になりがちです。その理由についてと、ハイドロキノンクリームの効果の高さについて紹介しています。

 

 

 

ビタミンC VS ハイドロキノン[ビタミンCの美白化粧品であまり肌が白くならない理由]

 

ビタミンCは、毛穴ケアや肌のすべすべ感、紫外線防止などの目的で使用するのにはおすすめできます。しかし、すでに黒っぽくなってしまった状態や、シミ、くすみ、ソバカスなどのメラニン過剰になった状態を改善するのには有効ではありません。その理由については下記のとおりです。

 

ビタミンCはハイドロキノンよりも100倍ほど美白効果が低い

 

美白効果があると言っても、ビタミンC単体での能力はハイドロキノンよりも大きく劣ります。できたとしても、日々降り注ぐ紫外線による日焼けの効果を抑制する程度です。なので、美白できたとしても現状維持になるケースが多いです。

 

しかし、あまり外に出ない(紫外線を浴びない)生活を送っているなら、ビタミンCでの美白効果を感じられるかもしれません。

 

ビタミンCは不安定なので効果が持続しにくい

 

ビタミンCは不安定という弱点があります。つまりビタミンCの美容液や化粧水を肌に塗ったとしても、すぐに壊れてしまっている可能性が高いんです。なので、ビタミンCを美白化粧品として選ぶ場合は、安定して効果を発揮してくれるような設計になっている化粧品を選ぶ必要があります。

 

ビタミンCは肌に浸透しにくい弱点がある

 

ビタミンCは、水には溶けやすい性質です。反面、油には馴染みにくいということです。肌の表面は皮脂で覆われているので、浸透させるには油溶性である必要があるんです。一般的に販売されているビタミンC美容液は、浸透力しない設計になっていることが多いです。

 

ビタミンCの効果を感じたいのなら、肌にしっかりなじみやすい油溶性の性質になっている化粧品を選ぶことで効果を感じられるかもしれません。

 

 

ハイドロキノンをスキンケアに取りいれることで、これらのビタミンCの弱点をカバーすることができます。より高い効果を感じたい、早く色白の肌を実現したい、こんな思いを持っている女性には、ビーグレンのホワイトクリームがオススメです。

 

 

プラセンタにも肌を白くする美白効果があるの?

 

プラセンタにも美白効果があることは知られていますが、その効果はあまり強くありません。プラセンタの美白力を全面的に押し出すような化粧品を使っても、あまり美白効果を感じることはできないでしょう。どちらかというと、プラセンタは肌の保湿力をキープしたり、たるみやシワなどに悩んでいる女性向けの成分ですね。ハイドロキノンとは使い分ける必要があります。

 

 

効果の無い美白成分からハイドロキノンに切り替え 肌を白くできた人の口コミ

 

ビタミンC美白化粧品ではいまいち効果なし。ハイドロキノンは短期間で白くなれる

体験談

reokoさん 41歳/女性 肌質:普通肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★☆

 

ビタミンCの美白化粧水、美容液をなるべく意識して使ってきましたが、どれも期待していたような変化は得られませんでした。ハイドロキノンは最後の選択と思っていたのですが、もっと早く試しておけばよかったと後悔しています。1ヶ月ほどビーグレンのホワイトクリームを使ってみたところ、前よりも肌が白くなり、細かなシミもスポットメイクなどをしなくてもファンデだけで隠れるようになってきました。

 

シミが目立たなくなると確実に見た目も若返りますので、シミが増えて困っている30代以降の女性も使ってみる価値ありです!ビタミンC化粧品は、よくても予防止まりなので・・・。

 

 

プラセンタの美白美容液を使いましたが肌を白くできませんでした

地黒を少しでも白く

mikaさん 31歳/女性 肌質:敏感肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★☆

 

ビーグレンのハイドロキノンで色白になることができました。その前はプラセンタの美容液で、肌を白くできないか試してきたのですが、ほぼ効果はありませんでした。使用感はよく、シワとかたるみなどにそれなりの効果は感じられたのが救いです。

 

どうしても色白美人への憧れが強くて、ハイドロキノンでのケアを続けているのですが、美白力は確かに高いです。お値段との相談になってしまうと思うんですが、美白とエイジングケアを両立させるのは難しいですね。肌を白くする目的なら、ビーグレンのハイドロキノンはおすすめです。

 

 

トラネキサム酸で顔全体を美白するよりハイドロキノンのが早い

地黒を少しでも白く

みおさん 33歳/女性 肌質:インナードライ肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム(現在)
評価:★★★★★

 

資〇堂のHAKUの美容液を使っていましたが、そばかすを減らすことも色白になることもできませんでした。トラネキサム酸は美白作用があるらしいのですが、私には合わなかったようです。それに比べて、ビーグレンのハイドロキノンは作用が強いのか、10日くらい使っただけでかなり透明感が高まったのを感じられました。

 

心配だった刺激の強さによる肌荒れもなかったので、安心して使うことができています。いろいろな美白成分を試してきたんだけど、どれも効果があまり感じられなかったという女性は、ハイドロキノンクリームを使ってみるといいと思いました(^−^)

 

 

 

まとめ:効果の弱い美白成分では肌が白くできない

 

「今の状態より少しでも肌を白くしたい」「印象を明るくしたい」という気持ちを持っている女性も多いと思いますが、ここで紹介したような「美白にいい」といわれている成分を使っても大きな効果は期待できません。

 

参考記事肌を白くするならハイドロキノン

 

上の参考記事でもオススメしている通り、しっかりと美白効果のあるハイドロキノンなら肌を白くすることができます。中でもビーグレンのホワイトクリームは、低刺激で安全に、かつ高い美白効果が期待できるアイテムですので、一度試してみる価値がありますよ。

 

 

ハイドロキノン

 

ビーグレンの公式サイトを見てみる